ふる~つ☆ばすけっと
ワンコライフとつれづれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月のレッスン(2)
うとうとしては目が覚めてと熟睡できない夜が明けると、頭はぼうっとしてました。
こんなんでコース覚えられるかしら。不安だわ~。

水曜日はAGから。

この時間はシオママとMarcyちゃんと3人という少人数。
17番までという短いコースにもかかわらず3人で間違えて覚えてしまいました。o(*^▽^*)oあはっ♪
昨日もそうだったんだけど、私だけ他の人たちと違うハンドリングを先生は指示します。
理由は足がなくて間に合わないから。
私でも間に合うハンドリングを教えてくださいます。

さて、このコースのポイントはDW後の裏跳びからのトンネルとハの字のハードルの間抜けかな。
裏跳びは、シオママとMarcyちゃんはフロントで処理するように言われたけど、私はバーの延長線上にポジションをとって手で指示するように言われた。
その後はバックでトンネルに入れる。
手前から回してもいいんだけど、外側を回す方法も身につけておけばいいということ。
引き出しは多い方がいいもんね。
間抜けは昨日のフェイクのやり方でうまくいった。

失敗したのはスラの後、スラの左側にあるハードルの裏跳び。
左に寄って呼んだら逆跳びになってしまった。
その後が270°だから、バーの内側に入っておきたい。
ここで私にとって初めての技を習った。
あんずに対して後ろ向きになって右手でバーまで導くのだ。
エアプレーンに似ているけど、フロントになるのかな?
これを使うと簡単に跳ばせることができた

お次はJP。

AGで体と頭を使ったので、少しすっきりしてきた。
検分時間も長かったので21番までしっかり覚えられました

段違いの間抜けが2カ所ある。
そこはなんとか処理できたのだが、トンネルの出口の延長線上にあるバーを跳ばせてから、同じくその延長線上に入り口のあるスラに入れるのに失敗した
バーぎりぎりに立って手を伸ばしてあんずを招き寄せ、そのまま押すようにスラに導くやり方を教わった。
バーから体を引くのでラインが膨らみ、スラ2本目から入ってしまったのだ。

スラの後の逆トンは先ほどJPで習った後ろ向きを使ったら簡単簡単。
ほんといい方法を教わりました。
大満足です

レッスンも終了し、帰りの車中ではいつものように昨日今日のレッスンの内容が話題になります。
おしゃべりしていたら道中は短いねぇ。
でも、レッスン中はポツポツだった雨も本降りになってきて、家に帰るのが憂鬱に・・・。
Marcyちゃんは「泊まれば。」と言ってくれたんだけど、薬がないので2日連続睡眠不足になるとなお悲惨だから、2時間ほど休ませてもらって帰ることにしました。

5時に出発し、明るいうちに豊田JCを通過したかったんだけど蒲郡から渋滞。
すっかり暗くなって標識を頼りに東海環状線に入ると、ナビは「伊勢湾道」と表示しているし、豊田東で降ろそうとする。
焦ったけど、そのまま進むと間違ってないことがわかった。
雨は強くなってくるし、知らない道は明るいトラックの後について行くに限る。
そのトラックとも美濃関JCでお別れ。
東海北陸道に入ったら、あまりスピードを出してない乗用車の後に付いていった。
二車線の所ではどんどん車が抜いていく。
一車線になると車の数も少なくなってきて寂しい。
そんなところで前を走っていてくれた乗用車も降りてしまい、ひとりぼっちになってしまった。
視界が悪いのでしばらくゆっくり走っていたが、後ろに付かれたらとろとろ走っていられない。
カーブは多いしスピードは一定にしておかなくてはいけないし、肩と右足がぱんぱんに張ってきた。
ひるがの高原付近になると霧が出てきて、怖くてもう限界
SAでしばらく休んでいるうちに霧も薄くなってきたので出発することに。
前に進まないと家には着かない。
長い長いトンネルをたくさん抜けて、富山の地名を見たときには元気が出てきた。
もうあと少し。
家にたどり着いたのは11時でした。
雨の夜、知らない道は倍疲れるということがわかったのでした。




スポンサーサイト




Copyright © ふる~つ☆ばすけっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。