ふる~つ☆ばすけっと
ワンコライフとつれづれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きれいだったぁ
練習会後は疲れてとても石川まで帰れないので、ももかちゃんのおうちにお泊まりさせていただいてます。
ももかちゃん、ロッシー君、いつもお世話になりありがとうございますm(_ _)m

さて、この日曜日はももかちゃん邸の近くにある「加茂花菖蒲園」に連れて行ってもらいました。
朝食後すぐに出かけたのに、駐車場はもう満車状態。
シーズンなんですねぇ。

加茂花菖蒲園は、1773年に建てられた庄屋屋敷「加茂荘」の門前にひろがる花菖蒲園です。広さ約1ヘクタールの敷地に、1500品種100万本の花菖蒲が咲き揃います。(パンフレット)

和風建築の周りに見事に調和した本当に日本的な花菖蒲の群生はそれは見事なものでした。
1本でも凛とした美しさをもつ花と葉。
1本1本を鑑賞したり、全体の色のグラデーションを楽しんだりと、時の経つのを忘れるほど。

散策していると少々暑くなり、多目的温室で涼むことに。
温室というけど夏は令室です。
中へ入ってびっくり。
広いレンガの床が、花菖蒲とは対照的な西洋種の花々で埋め尽くされています。
天井からも無数のハンギングが。
私はベゴニアの透明感ある花が好きなんだけど、私の見たこともない球根ベゴニアの花の大きさ、木立ちベゴニアの高さのりっぱさに本当に驚きました。

鑑賞してしまったら花より団子。
ほんとに団子も売っていたんだけど、ソフトクリームをチョイス
コーヒーゼリーソフトとソフトクリーム、2つも食べちゃった

休憩後、外に出てみると先刻とは比較にならないほどの人の多さ。
観光バスが到着したようです。
帰り道に見てみると、花菖蒲園に入ろうとする車の列が数キロに及んでいます。
私たちはすいすいと来られたので、早く来て良かったね。

ももかちゃん、ステキな所に案内してくれて、写真もたくさん撮ってくれてありがとうねぇ

71
まずはよく目にする紫の前で記念撮影。

72
花菖蒲に囲まれて。

68
お地蔵さんを手彫りしているおじさんがいました。撫でてもらっちゃった。

70
球根ベゴニアの前で桃花ちゃんとハイポーズ。

69
ソフトクリームのおすそわけ。目が真剣。

スポンサーサイト


遅まきながら・・・
賀状

あけましておめでとうございます

まる半年ブログを更新していませんでした。
私のルーズさがわかりますね。

2009年はいろんなことがありました。
いいこと悪いこと・・・。

最悪だったのがみかん父の病気です。
みなさんにご心配いただきながら、その後のことは何も書かず反省しています。
みかん父は通院しながらも元気に仕事にがんばっています。
糖尿病という既往症もあって、毎日インシュリンを打つようになりましたが、病人とは思えない元気さです。
どうか安心してくださいね。

良いことの一番は3度に昇格できたことです。
自分でも信じられません。
1年前までは3度の人たちは雲の上の存在でした。
3度になれたなんて夢のようです。
まだまだ3度を走れる力なんてないのですが、2010年完走できるようになれたらいいなぁと思っています。

北陸は年末年始雪です。
鉛色の空の下、早く練習したいと少々焦り気味の今日この頃です。

最後になりましたが、みなさん今年もよろしくお願いします。


オタク
最近、夜になると左目がかすむようになった。

パソコンのときはなんともない。

私は右目の近視度が左目よりもひどく悪い。

いい方の目がかすむのだから心配だ。

原因はどうもテレビの見過ぎのようだ。

暇さえあれば、1日中テレビを見ている。

昼はBSも入れて再放送のサスペンス物や刑事物を2本以上は見ている。

夜は11時頃までずうっとテレビ漬けだ。

今日見たのは、どれも面白かったけど、つまらないと思いつつ見続けているときもある。

もう惰性だね。

こんな生活、目にも良くないけど、頭にも悪そうだ。

自分でもだんだんバカになってきてる気がする。

このテレビオタクの生活からいつになったら抜け出せるだろう。


父の日
「父の日」ということで、みかん父と実家を訪れた。

実家の父は元気そうなみかん父の顔を見て喜んでくれた。

今年79歳になる父は「こんなに長生きするとは思っていなかった。」と言った。

7年前に食道ガンの手術を受けていた。

今は動脈瘤の治療を受けている。

それでも元気で一人で船を操縦して釣りに出ている。

一病息災というけど、その通りだなと思う。



いつのころからか親が頼る存在からいたわる対象に変わってきた。

子供のときは父が恐かった。

成人してからも心配ばかりかけていたように思う。

それは今も変わらないかな。

親はいくつになっても子供のことを心配するものらしい。

ありがたいことだ。

好きな釣りを楽しみ、これからも長生きしてほしい。

そして、子供を心配するより頼りにするかわいい老人になってほしいものだ。


まるちゃんち
まるちゃんちに遊びに行ってきた。


ララちゃん、生後2ヶ月、ころころしてとってもかわいい。


パピィって、なんてあどけなくて人の心を和ませるんだろう!


カメラ忘れたのが残念。


どんなにかわいいかはまるちゃんのブログを見てね。


このララちゃん賢くて、もうお座りがわかるみたい。


うちの3匹はどうだったかなぁと思い返そうとするが、一番若いあんずの2ヶ月のときも思い出せない。


年のせいですかねぇ。


成犬になるとみんなまったりと1日を過ごしているけど、パピィはいるだけでにぎやかだ。


なんだかまるちゃんちに活気がみなぎっているよう。


うらやましいような気もするが、もう子育てはできないという気持ちの方が強い。


ララちゃんの成長を外から眺めさせてもらおう。




ララちゃんがケージに入っている間は久しぶりのおしゃべりもできた。


まるちゃんが撮ってきた選考会のビデオも見せてもらった。


帰らなきゃいけない時間になっても、なかなか腰が上がらない。


友達とおしゃべりしているときが一番楽しい時間かな。




Copyright © ふる~つ☆ばすけっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。