ふる~つ☆ばすけっと
ワンコライフとつれづれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナジーフから1ヶ月
私たち夫婦のアジリティーの原点であるドルピー主催のアジリティーが今年も無事開催されてもう1ヶ月以上。

みかん父今回も元気にみかんと走れました。
ほんとはもうパタやクロと一緒に虹の橋を渡っていてもおかしくないはずなのに・・・。
癌がみかん父の体内でおとなしくしていてくれているようです。

今もとても元気で仕事に行っています。
秋のナジーフもこれなら参加できそう。
神様、ありがとうございます。

のもあるさんのブログからみかん父の1枚をちょうだいしました。 

57

今回我ながら快走できたと思ったくりとの画像は残念ながらなくて、あんずのがありました!

58


59


ナジーフはいつもいい思い出を残してくれます。
我が家にとっては欠かせない行事。
その集合写真に初めてくりが参加しました。どれかわかんないだろうな~。

60
スポンサーサイト


雪です
77


今日はみかん父も長いことぶりに散歩しました。

運動公園1周です。

足腰が弱っていると思っていたのに、歩くのは私より速かった!!

3匹も私1人よりうれしそうだった。

特にみかんは父っ子なので聞き分けが良かった。

私はみかん父の背中ばかりを見つめていた。

この時間がずうっと続いてくれればという気持ちでいっぱいだった。


写真は年賀状に使ったはいぢに撮ってもらったものです。


みかん父のカレー
「今日、カレー作ってやる。」


珍しいことをみかん父は言った。


父がまともに料理できるのはカレーだけである。


午前中アジ練してきて、疲れていた私にはうれしい一言だった。


遅い昼食をとって、何もする気になれず横のなっているうちに、いつの間にか眠ってしまっていた。


目が覚めたら、カレーができあがっていた。


でっかいニンジン!


私が切るニンジンの2倍はある。


これが男の料理というやつか。


私は起きてからお米を仕込み、サラダを作った。


これで夕食は夫婦合作だ。


いただきます。


味は私が作るのとおんなじ。


私が教えてあげたもんね。


もう少しレパートリーを広げてくれないかなと、ぐうたら主婦は虫のいいことを思うのであった。


草刈り
練習場の仲間が集まって草刈りをした。


私は草刈り機を使えないから、みかん父にも参加してもらった。


昨夜はぐっすり寝ていたので、体調は大丈夫だと思っていた。


まるちゃんとしーちゃんがネットの外側の草を草刈り機で刈っていく。


私たちは内側の丈の高い草を手で抜いた。


私は自分の目の前の草を抜くことしか頭になくて、みかん父がひどそうにしているのに気づかなかった。


まるちゃんやしーちゃんが父に「座って休んでいれば。」と言ってくれたが、父は休まなかった。


「みんなが働いているのに、自分だけ休んでいられなかった。」と、家に帰ってから言った。


ネットの周囲が終わるころ、ちちまるが草をあっという間に粉砕する機械(名前を知らない)と共に登場。


練習場内の草はその機械にお任せだ。


機械が通る後の草むらは跡形もなく消え去る。


その機械をまるちゃんもしーちゃんも運転していた。


方向転換するとき、すごく力がいるみたいだ。


私には端から無理。チャレンジする気も起きない。


練習場がゴルフ場のグリーンみたいにきれいになったのはお昼ごろだった。


練習していきたかったけど、みかん父が今晩仕事なので睡眠とってもらわないといけないから、私たちは先に帰ることにした。


運転していこうかと聞いたのだが、父は大丈夫だと言った。


私が運転して、その間に少しでも寝てもらえばよかった。


これも私の抜けているところ。


帰ったらシャワーして、すぐ寝るのかと思ったら眠くないと言う。


「だめやわいね。横になりまっしま!」と、無理矢理横にならせたら、10分も待たずに寝息をたてていた。


みかん父が寝入ってから、お疲れさんのメールをまるちゃんに出した。


その返信にみかん父がもの凄く疲れた顔をしていて、みんなとても心配していたから、マミさんも父のこと気遣ってあげてというようなことを書いてくれた。


そうなんやぁ。そんなにひどそうに見えたんだ。


私ってだめ妻だわ。いや、だめ人間。


みかん父の顔見てない。


自分が疲れていると周りを思いやる余裕もなくなるんだ。


まるちゃん、これからはいい妻になるからね。


みかん父への気遣い忘れませぬ。




落第主婦
5月になった。


新緑の美しい風薫る季節だ。


みかん父が退院して1週間。


やっぱり家がいいって。そうだよね。


こんなあばら屋でも、住み慣れたところが一番落ち着くもんだよね。


生活は入院以前と同じようになり、もうアジもしっかり走っている。


でも、週に1回抗ガン剤投与を受けに行かなくてはいけない。


この日だけ病気なんだと実感する。


ほんとは家でも病人食を作らなくてはいけないんだけど、家事が嫌いな私はうまく作れない。


塩分を少なめにすることぐらいしかやってない。落第主婦です。


ナジーフが終わったら、本腰入れて糖尿病食の勉強をしようと思っている。


思うだけじゃなく、実践しなくちゃね。




Copyright © ふる~つ☆ばすけっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。