ふる~つ☆ばすけっと
ワンコライフとつれづれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりの朝練
選考会の1走目JPのコースを設営して走った。
難易度はそんなに高くないけど、スピードコースだ。

私とあんずじゃ遅いんだけど、CRできちゃった
うれしい
まるちゃんから適切なアドバイスをもらってもう1走。
これもうまくいった

まるちゃんは私の走りをよく見ていてくれて、いつも本当に良い指導をしてくれる。
まるちゃん、感謝してます
私の方はなんにもお返しができなくて・・・申し訳ないです。

せっかくのコースだから逆からも走ってみたけど・・・ボロボロ
逆トンは入れられないし、裏跳びは間に合わない。
たいへん難しいコースになりました。

でも、まるちゃんは上手に走ってたね

明日は野田でFCI競技会がある。
応援したい人たちが出場する。
みんな、頑張ってね
いい成績期待してるよ

74
ボールを見るとはじけるあんず。実はボールよりも紐が好き。
スポンサーサイト


選考会
先週15日に行われたFCIワールドチャンピオンシップ代表選考会の思い出をちょこっと・・・

すぐに書けばいいのに、ズルズルと引っ張ってしまいました
いつもの病気が出たのもあるんだけど(怠け病とも言われるけど)

今回は応援する人がたくさんいてリンクから目が離せません。
スモール1番から始まってラージの65番までしっかり見ましたよ。
はコース設営のときだけだから、いかに集中して見ていたかわかるでしょ。

競技中、会場を包む緊張感はなんともいえないものがあります。
ミスがあると会場中から「ああ~~」
でも、さすがに選考会に選ばれた人は違います。
さっと気持ちを切り替えて次の障害に向かいます。
私ならと、例えるのもおこがましいけど、私ならプレッシャーでパニックになるだろうなぁ
どのチームもガンガン攻めてきます。
人との気持ちが一つになっているのがわかります。
それでもミスしてしまう。
4走ともそろえることの難しさをひしひしと感じました。

先生は3走スラミスがありました。
「どうしたんでしょうね。」って尋ねたら、先生「ハンドラーのせいですよ。」って
代表になるのがもう難しい先生の最後のAG。
まるちゃんが「先生、握手してください。」と言ったので、周りにいた応援団は私も私もと握手してもらいました。
「先生とチャロらしいすばらしい走りを見せてください。」と祈りを込めて。
先生の番になったらゴールで待っていました。
CRを信じていたから。
先生のハンドリングは流れるように美しかった。
本領発揮です
みんなとハイタッチ
後でわかったのですが、このときの走りはやはり1席でした

残念ながら代表を逃したみなさんもすばらしい走りでした。
次回の選考会めざして、また頑張ってください。

代表に選ばれたみなさんの世界での活躍をお祈りしています。
何年ぶりかで日本代表になったコーギーちゃん、頑張ってね





練習会
前日からももかちゃんとクラブハウスでお泊まり。
移動や夜更かしで十分疲れているはずなのに3時半に目が覚めた。
さて、お天気は?
降ってますわ~それも本格的に。
先日のFCIから雨にたたられてるなぁ。誰のせい?心当たりのある人が1人いるよね

練習会はJP2から始まった。
検分させてもらったけど、スピードコースだ。
間抜きもあってチャレンジしてみたかったけど、4走以上は私には無理。
あきらめました。

JP3は裏跳び2連続。
その前の180°で絶対フロントが必要。
こちらも十分スピードコース。

スタートからほとんどの人が右から攻めてエアを使っている。
私の足では間に合わないと思うから左からスイッチなしで180°まで行った。
あんずはついてきてくれた。
裏跳びもうまくいった。
難しいスラ入りは・・・2本目から入った
ショックで後3つというコースを間違えてしまった。くしょ~~

アドバイス後の2走目はCR
タイムは遅いけど、私としては大満足でした。

AG3は1回目でCRしたいと臨んだのに・・・あんずが~~~~
スタートしようとしない。
いくら「ジャンプ!」と叫んでも動かない。
どうして?どうして?
原因がわからない。
あんずのむらっ気、悩むなぁ。
1回ボール投げて、ボールを見せながら走る。情けない

コースの問題点はAフレの下のトンネル。
あんずは駆け抜けなので、左から押し切れないと思って右から迎えることにした。
これはうまくいってノーミス完走。

アドバイスのとき、先生が「CRの人、他にいました?」と聞かれたので、勢いよく手を挙げた。
先生は「ああ、思い出しました。ボール持って走ったの、あれはCRではありません。」とあっさり却下。
みなさんの前で大恥かきました。

2走目はテンションは相変わらず低いもののちゃんとスタートしてくれた。ほ
DWが遅くてじれたけど、なんとかCR。
競技会なら大幅タイム減点なんだろうけど、私としては満足かな。

FCIでダブル失格後の練習会。
ハンドリングに不安な気持ちで臨んだんだけど、明るい気持ちで終えられました。
ただ、あんずのムラが頭痛の種に。




朝練
午前3時半ごろ目が覚めた。
最近目覚ましを合わせても、30分前に目が開く。
そういうお年頃かしら。

まるちゃんと6時から練習する約束をしていた。
5時前には出発しないと間に合わない。

練習場に到着したのは私の方が先だった。
ドッグウォークの下り口にバーを2本並べて奥跳ばしの間抜けの練習をした。
先日のFCIのAGで失格になったところ。
ウォークで止めて奥跳ばし。
練習だと1回でできるのに・・・どうして本番じゃだめなの?
わたしの動きが緊張でぎくしゃくしちゃうのかなぁ。
本番でも緊張しない方だと思っているんだけど。
半年以上競技会に出ていなかったせいもあるのかな。

自主練が終わったところでまるちゃん登場。
一緒にFCIのJPのコースを組んだ。
これも前半部分のレンガの奥跳ばしが難しい。
失格者のほとんどがここでどぼんだった。
もちろん私も。

1回目のチャレンジ・・・手前から跳ばれた。
2回目のチャレンジ・・・レンガの奥のトンネルに吸い込まれた。
3回目で何とか成功。
これじゃ失格も当然だね。トホホ
スピードコースだから焦っちゃうんだよね。
練習で検分通りできないと本番は無理だぞ!

もう1コースやりたかったけど、時間的に余裕がなかったので逆周りをすることに。
ちょっとアレンジして間抜きの練習を入れた。
これも1回目あたふたしちゃった。
1回でぴしっと決めたいね!

3度のコースは難しいけど、やっぱり面白い。
思いもかけないトラップが出現する。
それを見抜くのも経験だね。
練習あるのみです!

久しぶりにいい練習ができた。
まるちゃん、ありがとう~~♪


43
写真は以前のものです。


今月のレッスン(2)
うとうとしては目が覚めてと熟睡できない夜が明けると、頭はぼうっとしてました。
こんなんでコース覚えられるかしら。不安だわ~。

水曜日はAGから。

この時間はシオママとMarcyちゃんと3人という少人数。
17番までという短いコースにもかかわらず3人で間違えて覚えてしまいました。o(*^▽^*)oあはっ♪
昨日もそうだったんだけど、私だけ他の人たちと違うハンドリングを先生は指示します。
理由は足がなくて間に合わないから。
私でも間に合うハンドリングを教えてくださいます。

さて、このコースのポイントはDW後の裏跳びからのトンネルとハの字のハードルの間抜けかな。
裏跳びは、シオママとMarcyちゃんはフロントで処理するように言われたけど、私はバーの延長線上にポジションをとって手で指示するように言われた。
その後はバックでトンネルに入れる。
手前から回してもいいんだけど、外側を回す方法も身につけておけばいいということ。
引き出しは多い方がいいもんね。
間抜けは昨日のフェイクのやり方でうまくいった。

失敗したのはスラの後、スラの左側にあるハードルの裏跳び。
左に寄って呼んだら逆跳びになってしまった。
その後が270°だから、バーの内側に入っておきたい。
ここで私にとって初めての技を習った。
あんずに対して後ろ向きになって右手でバーまで導くのだ。
エアプレーンに似ているけど、フロントになるのかな?
これを使うと簡単に跳ばせることができた

お次はJP。

AGで体と頭を使ったので、少しすっきりしてきた。
検分時間も長かったので21番までしっかり覚えられました

段違いの間抜けが2カ所ある。
そこはなんとか処理できたのだが、トンネルの出口の延長線上にあるバーを跳ばせてから、同じくその延長線上に入り口のあるスラに入れるのに失敗した
バーぎりぎりに立って手を伸ばしてあんずを招き寄せ、そのまま押すようにスラに導くやり方を教わった。
バーから体を引くのでラインが膨らみ、スラ2本目から入ってしまったのだ。

スラの後の逆トンは先ほどJPで習った後ろ向きを使ったら簡単簡単。
ほんといい方法を教わりました。
大満足です

レッスンも終了し、帰りの車中ではいつものように昨日今日のレッスンの内容が話題になります。
おしゃべりしていたら道中は短いねぇ。
でも、レッスン中はポツポツだった雨も本降りになってきて、家に帰るのが憂鬱に・・・。
Marcyちゃんは「泊まれば。」と言ってくれたんだけど、薬がないので2日連続睡眠不足になるとなお悲惨だから、2時間ほど休ませてもらって帰ることにしました。

5時に出発し、明るいうちに豊田JCを通過したかったんだけど蒲郡から渋滞。
すっかり暗くなって標識を頼りに東海環状線に入ると、ナビは「伊勢湾道」と表示しているし、豊田東で降ろそうとする。
焦ったけど、そのまま進むと間違ってないことがわかった。
雨は強くなってくるし、知らない道は明るいトラックの後について行くに限る。
そのトラックとも美濃関JCでお別れ。
東海北陸道に入ったら、あまりスピードを出してない乗用車の後に付いていった。
二車線の所ではどんどん車が抜いていく。
一車線になると車の数も少なくなってきて寂しい。
そんなところで前を走っていてくれた乗用車も降りてしまい、ひとりぼっちになってしまった。
視界が悪いのでしばらくゆっくり走っていたが、後ろに付かれたらとろとろ走っていられない。
カーブは多いしスピードは一定にしておかなくてはいけないし、肩と右足がぱんぱんに張ってきた。
ひるがの高原付近になると霧が出てきて、怖くてもう限界
SAでしばらく休んでいるうちに霧も薄くなってきたので出発することに。
前に進まないと家には着かない。
長い長いトンネルをたくさん抜けて、富山の地名を見たときには元気が出てきた。
もうあと少し。
家にたどり着いたのは11時でした。
雨の夜、知らない道は倍疲れるということがわかったのでした。








Copyright © ふる~つ☆ばすけっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。